top of page
検索
  • 執筆者の写真施設長

こどもが楽しめる保育園に行こう


他の保育園に行ってるのですが、子供が保育園に行かないと言って泣くんです。


こんなお電話を頂いた。

よくよく話を伺ってみると、現在大きな保育園に通園し、担当保育士人数が少ない様子。 ジャイアンのような子供に先生は手を取られ、そのお子さんは一人で寂しく他のお友達とも馴染めない様子だった。 小さな子供にとって、4月(や入園)は大きな環境の変化。 保育園は楽しいところ。学びた楽しいと思えないと様々な副作用も出てくる。 例えば、楽しくない保育園に通うことは、子供にとっていくつかの負の影響を与える可能性があります。

  1. ストレスや不安の増大 楽しくない保育園に通うことで、子供はストレスや不安を感じる可能性があります。特に、保育士や他の子供たちとの関係がうまくいかない場合は、ストレスや不安が増幅されることがあります。

  2. 社交性の発達の阻害 楽しくない保育園では、子供たちが自然に社交的な関係を築くことが難しい場合があります。これは、友情や協調性、コミュニケーション能力の向上を阻害する可能性があります。 楽しんで欲しい保育の場が寂しい結果となってしまう。

  3. 学習意欲が低下 楽しくない保育園では、子供たちは学習意欲が低下する可能性があります。退屈な活動や教育プログラムに興味を持てず、学習に対するモチベーションが減少することがあります。

  4. 行動問題の発生 楽しくない保育園では、子供たちはストレスや不安から行動問題を発生させることがあります。攻撃的な行動や引きこもり、イライラや怒りなどの問題が発生することがあります。

  5. 親子関係の悪化 楽しくない保育園に通うことで、子供と親の関係が悪化することがあります。子供が保育園に行きたくないと言い出したり、不安やストレスを抱えたりすることで、親子関係に負の影響が出ることがあります。

以上のように、楽しくない保育園に通うことは、子供にとって負の影響を与える可能性があることがわかります。そのため、子供が楽しめる保育園を選ぶことが重要です。

上の内容とは逆に、楽しい保育園に行くことは以下のような効果が出ます。 以下にいくつか挙げてみます。

  1. 社交性の発達 保育園に通うことで、幼児は多くの仲間と触れ合うことができ、社交性を身につけることができます。友情や協調性、コミュニケーション能力を向上させることができます。 特に、言語の発達は著しいこの時期に社交性の発達は大変重要です。

  2. 健康的な食習慣の獲得 保育園で提供される食事は、栄養バランスが取れたものが多いです。また、食事の時間を一緒に過ごすことで、幼児は食事のマナーやルールを学ぶことができます。

  3. 認知能力の向上 保育園では、楽しい絵本や歌、クラフト、運動などの活動を通じて、幼児の認知能力が高まります。また、教育プログラムや遊びを通じて、子どもたちは物事を理解し、問題を解決する能力を身につけます。 学ぶことを楽しいと体感できることは非常に大切です。

  4. 規律とルーティンの習得 保育園では、ルールや規律を守ることが求められます。このような経験を通じて、幼児は自己規律やルーティンを身につけることができます。特に自立する力を養うことは小学進学時に大変重要になります。

  5. 親子関係の向上 保育園に通うことで、幼児は自立心や自己肯定感を高めることができます。また、親子関係も良好になることがあります。保育園での経験を話し合ったり、共有することで、親子関係が深まることがあります。

様々な保育園が高松市内にもあります。園が設定したオーピンスクールなどではない平素の円の様子をしっかり見学し、子供たちの様子を確認し、一人一人が楽しめる環境が準備されているか確認してみましょう。 そして、それぞれの保育園の「教育理念」や「子供たちへの姿勢」を確認して入園を考えていきましょう。 英語保育園リトルダビンチでは、実際の保育(英語レッスン)体験が可能です。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page